不動産投資をするメリットについて

不動産投資

不動産投資をするメリットについて

不動産投資をするメリットついて考えていくことにします。
そのメリットは、主に2つあるかと思います。
1つ目は、不労所得が得られるという点であります。
自分が汗水流して肉体労働をしなくても、不動産自体働いてお金を生んでくれます。
不動産は、24時間365日お金を稼いでくれます。
アパート又はマンションの賃料収入は、借主がいる間はずっと安定して収入が入ります。
また、アパート又はマンションの住人は一度借りてくれれば、1年から2年は最低でも住んでくれますので、その間はずっと不労所得が得られます。
2つ目は、銀行から融資を受けられることです。
不動産投資の場合には、株式投資などとは違って銀行から融資を受けることができます。
銀行は、投資対象である不動産の担保の価値や収益力を査定して、融資実行可能と判断されれば融資を受けることができます。
銀行から融資を受けられれば、少額の自己資金でも不動産投資を始めることができます。

不動産投資によって得られる有益性

不動産投資の利益の柱となる賃貸料は、景気の状態が改善される時も悪化の一途をたどる時もそれほど影響されず、比較的安定的に推移することが多いです。
近いうちに享受できるかどうか確定できないキャピタルゲインより僅かでもインカムゲインを獲得しておいた方が賢明といった気持ちを保持している人にとっては、利点と感じると言えます。
加えて、不動産マーケットには長期的なトレンドとしてある程度の循環があり、長い期間にわたって見るとそれほどまでに大幅に価格の幅の変動はしないといった特性があります。
一般的に考えて、不動産は国債等と比較して価格の動きは大きいですが、株と対比すると小さいと評価されています。
それに加えて、不動産投資は、買い付けする不動産を担保として住宅ローンを設定することを可能にすることから、全て自分の資金でなくても投資することができます。
加えて、今現在の低い水準の金利のローンの金利と不動産投資で獲得できる利回りの開きを用いることで、小さな金額で高水準の利回りを期待が出来ます。